審査なしでお金を借りたい!それは可能なの?

 

 

審査なしでお金を借りれるという理想的な仕組みがあれば誰も苦労はしないはず。

 

ですが、大抵のカードローンや消費者金融は必ず審査を通らないとお金を借りられません。

 

お金がないからお金を借りるという筋は間違っていません。

 

ただ、「お金を返す」という前提であること、お金を返せないから「あやふや」にしたい人にお金を貸したいと思う人は皆無のはずです。

 

ということで、銀行やカードローンで借り入れをする際に審査を通す意味をご理解していただけたら幸いです。

 

 

 

審査の意味を知ろう

 

審査なしでお金を借りる!出来る?

住宅ローンの融資の申し出にも、銀行側は必ず審査を行います。

 

ローン35年なら35年以内に支払いを完了できるかを申込者の支払い能力の有無を判断しているのです。

 

それと同じで、カードローンや消費者金融でのお金の借り入れでも上記のように支払い能力の有無を判断するために、審査を設けています。

 

審査を設けている金融会社は法律に沿ったクリーンな経営をしている会社です。
健全な金融業を運営している会社は、貸金業法に基づく日本貸金業協会に加入しています。有名なアコム プロミス モビットなどはもちろん加入しています。

 

以前のように過払いが発生することないように、融資金額の上限や年利率の上限も設けているため、
今後は借りる側の金銭感覚が問われていることを頭に入れておいたほうがいいかもしれません。

 

 審査がないところは闇金?

 

審査がないところでお金を借りたいという誘惑につけこむのが「闇金」です。
闇金に手を出す前に、弁護士に相談するという手もあります。

 

どうか、闇金だけには手を出さないように心願うばかりです。

 

法律が整ったとはいえ、ネット広告や出会い系サイトなど、ネット媒体で展開されおり、いつでも獲物を確保できる仕組みになっているのが現実です。
「知らない」が命取りになる場合もあるので、「審査なし」の謳い文句に惑わされないようにしましょう。

 

「審査がない」金融会社は存在しません

 

審査なしでお金を借りる!出来る?

日本の消費者金融または銀行のカードローンの借り入れは、必ず審査を通らないと借りれない仕組みになっています。
「審査なし」でお金を借りたいという甘い考えは通用しないということです。

 

審査なしでお金を借りたいという場合は手持ちのクレジットカードのキャッシング機能を使うしかないでしょう。
キャッシング機能も返済月に返済することが前提ですから、どのみち返済能力がないと借金地獄になってしまいます。

 

 

 

審査が通らないのはなぜ?

お金を借りたいと金融会社に借り入れを申し込んでも審査が通らずお金を借りれないことはあります。
「無職」の状態であれば闇金以外は審査で落とす健全な会社であるという見方ができますが、働いているのに審査が通らないのはなぜでしょう?

 

審査がお通る人通らない人の差はなんでしょうか?

 

過去にお金を借りたことがある

・一定の収入がある
・過去にお金を借り入れしたことがある
・返済月に必ず返済していた
・滞納したことがない
・行方をくらました経験がない

 

この項目に全チェックが入る人が金融会社のカードローンの審査が通りやすい人です。
金融会社が返済能力があると判断した人には、収入の1/3までの金額を貸しだします。。
簡単に言うと金融会社から信用されている人ほどお金を貸してくれるのが今の金融会社の考え方なのです。

 

以前のようにお金を借りたい人なら金利を高くしてでもお金を貸してた経営はできないようになっているため、
審査を行い、お金を借りたい人の経済状況を把握する必要が絶対になっていることを覚えておきましょう

 

 

収入があるのに審査が通らない
収入があるのに審査が通らない人がいる。条件をクリアしているはずなのになぜでしょう。

 

・過去にお金を滞納をした
・債務整理を行った
・過去にブラックリストに載った、または現在も載っている
・債務整理を行って1年以内に借り入れを申し込んだ

 

この4つの項目に全てチェックが入った人は、収入があっても借り入れの審査が通らないことが多いです。

 

金融会社から見れば、借金を滞納する・債務整理をするという人はまた、同じことを繰り返すかもしれないという損害のリスクが発生しやすい人と見られるからです。
ブラックリストはある年数までは情報が登録され、ブラックリストに載っている間はローンが組めないという決まりがあります。そのため金融会社は審査で落としてしまうのです。

 

お金を借りたくても審査に通らない理由を作ったのは「当人」の考えやお金を借りるという意識の甘さが招いたことにほかなりません。
金融会社は何も落ち度がない人に貸し出すのが今のお金の借り入れの仕組みと言えましょう。

 

現金で過ごす癖をつける
お金を借りたい人が簡単にお金を借りられる仕組みではないのが現状です。
収入があっても債務整理中は、まずは残りの借金を返済しつつ現金で生活できるのうに心がけることが大切です。

 

借金を全て返済しても、しばらくはローンも組めない時期が続きますが、その期間に「返済能力」を身につけて金融会社に信用される人になれるように心かげましょう。

 

 

審査が甘い会社はあるの?

「審査に通るのが心配だけど、どうしてもお金が必要で…」

 

簡単な審査でお金を貸してもらおうという理想は甘いです!
ブラックOKでも審査は必ずあり、無職の人は審査が甘いと言われている消費者金融からすらお金を借りるのは難しいという場合が多いです。
お金の借り入れの額が少ないのであれば、大手の消費者金融でも審査が通りやすく、即日に借り入れが可能ですが、皆さんの経済状況がお金を借り入れるポイントなるでしょう。

 

審査がない会社はあるの?
 ・・・ 金融会社からお金を借りるということは、必ず審査があり、審査がない会社は存在しません。
    存在したとしても闇金ぐらいです。

 

低額の借り入れなら銀行カードローン

消費者金融と銀行のカードローンでは、年利率と借り入れ条件が低いのが銀行カードローンです。

 

銀行カードローンの利点は、カードがあればATMで自動的に借り入れができる点、家族にバレずにお金を借りたい時にすぐ使える点、そして利息が低いため返済額の負担が少なくすむ点が挙げられます。
カードローンによっては旦那の収入があれば専業主婦でも借り入れが可能ですし、低額の借り入れなら審査も甘い可能性が高いです。
銀行でいくらでもお金の借り入れが可能でも、収入証明書の提出が必要になり、収入があれば全ての審査に通るというわけではありません。

 

複数の借り入れがある場合は審査が落ちるかもしれませんし、みなさんの状況によって審査が甘い・審査が厳しい2つに分かれてしまうことをご理解していただけたら幸いです。

 

 

※自分の資金の範囲内からお金を借りられる方法があります。
国債や株などの投資信託を運用している人は、ゆうちょ銀行や証券会社の投資信託ローンを利用して、運用資金を担保にしてお金を借りる証券会社のローンを使えば、無職でも株式で資金を調達さている人であれば利用ができる場合もります。

 

投資信託ローンは、カードローンと同じWEBで申し込んでから当日にお金を借り入れることが可能です。返済の時も株や国債をお金にするときのタイミングを計りちょうどいい頃合いで、借り入れのお金を返済できるメリットもありますので、こちらも検討してみてください。

 

審査が簡単は「甘い」
審査が甘い金融会社は存在しないことをご理解してほしいと同時に、いろいろなお金の借り入れの方法があるということを知るのも大切です。
お金を借りたいのであれば、自分がお金を借りられる状態なのかを把握してください。
厳しい審査を軽くするのは簡単ではありません。
近年の金融会社はそう簡単にお金を貸してくれない仕組みになっているのです。